BLOG

101

一緒に走れる美容師でありたい

MaisonHairurawa

MaisonHairurawa

2021.07.14

おはようございます。高雄です。

気付けば早朝…

久々に床で寝てしまいました…

イテテ…

床で寝てしまった理由としては

昨日、一昨年と定休日でしたが、来年度の新卒採用の面接や合わせて中途採用の方の面接があったからです

人と話すことや気持ちやMAISONとしての考えを伝える事ってこんなにもエネルギーを使うんだなと改めて感じました。

逆に沢山の人と話す事で、エネルギーを感じる事や期待をしてくれている事をひしひしと感じ、パワーを貰ったし、僕らももっと頑張らないといけないとも感じました。

今回改めて感じた事

それは『美容師が本当に活躍できる場を作る事』

です。

僕も今年で美容師人生19年目になります。

色々とあったけれど、今迄働いてきた経験で嬉しい事も悔しい事も疑問に思う事も沢山ありました。

その中でも1番自分の土台になっているのは美容師としてのやりがいや、人に喜んで貰える、もしくは必要とされる事を大切に感じていて…

また僕は本当に人に恵まれてきたから、続けてこれているのもあります。だからこそ恩返しじゃないけど人に返していきたいと考えています。

またそんな部分に共感して貰える仲間を増やしたい

そんな想いからMAISONをKAORIさんと2人で立ち上げた気持ちは今でも変わっていません

現在38歳の僕の世代は連帯責任や精神論を強く感じてきた世代です

誰かがヘマをして剣道をしていた時に面や防具を付けたままグランドを走らされたり

見て盗め

何かヘマをしたら廊下に立たされたり、人の前で叱られる事もありました

メンタルの強さはある種のストロングポイントになっているのかもしれませんが、それ以上に同じ様な理不尽な思いは下の世代にはさせたくないよな…

と思っています

確かに連帯責任で共に走った仲間は今でも仲が良いし、尊敬出来る方々ばかり

見て盗めと言われて育ったので洞察力を上がったし

競わされたり、吊るし上げされ叱責される事でタフにもなりました

でもそれで苦しかったり、辛かったり、無駄に感じる人が多いから辞めていく人が多い業界なんだと思うし…

精神論や意識を高く!なんて言われた所でそういった事が多いとモチベーションも上がらないと思うんだよな

それで営業前に1:30トレーニングをして、営業開始して夜の営業後にトレーニングをして、休みの日は講習会や勉強会で、お客様にも入れるチャンスが少ないから、お給料も思った以上に貰えないし…

そりゃ肉体的にも精神的にも削られるよ…

それでも美容師が好きだし何より美容師はやっぱり喜んでくれるお客様が本当に好きなんだよな

今日中途採用の方々とお話しして、辛い思いや失敗もしてきているけれど、また活躍したい!という思いはそこからきてるし、僕もそう。

ひと昔の全員崖から落とされてからスタートするよりも、崖の登り方を教えてあげたり、崖を整理してあげたりエレベーターをつけるのはやり過ぎだとして、先に登った経験がある人達はロープを垂らして上から引っ張ってあげるとか方法はいくらでもあるし、柔軟で良いはず

もう昔のやり方じゃ通用しない時代だし、同じ思いはさせたくないよ

最近ネットで何かのコラムで読んだ事が凄く印象に残っています

サッカーで活躍された中田英寿選手が中校時代に監督をされていた皆川さんのお話です

何かの試合に負けてしまい、母校に帰ってから

「試合に負けたから走れ」と監督は指示をしたそうです

その時に中田英寿さんは監督に向かって

「走る理由がわからない。俺たちだけが、走らなければならないのは納得できない。皆川さんも一緒に走ってくれ。だったら俺も走る」

という内容で、監督はそこでハッとして反省し一緒に走ったという話しだったと思います。

細かい部分は間違えているかもしれませんが、僕も凄く共感する点と過去自分もそうやって押し付けてこなかったか?と気付かされたコラムでした。

興味のある方はどうぞ↓

https://www.google.co.jp/amp/s/www.footballchannel.jp/2012/12/16/post870/amp/

また素晴らしいと思うのは皆川監督は指導者として、ドイツに3年間勉強をしに行ったという点です。

そこで指摘されて普通ならムッとしたり、試合に出させない

というパターンが多い中、そこで一緒走ってくれるような人に僕もなりたいし、謙虚で成長出来る大人になりたいです

コラムにも書いてありましたが、そういった事で可能性のある人を摘んでしまうという事は私達の働いてる美容業界でも行われてしまっているのでは?

とある種の危機感と、業界が作ってきたツケや膿をこれから活躍できる美容師さん達に負わせないようにする

自分達の世代で次のステージに進めるように…

何かあった時に一緒に走れる美容師でありたいし、試合に負けたとかではない理由で共にシェアできる仲間を増やしたいと思っています

話しは長くなりましたが今日はここまで!皆さん頑張りましょう!


ではまたー

高雄

Instagram↓

please follow me

一緒に働いてMaisonを盛り上げませんか?