BLOG

99

美術館と休日の美容師

MaisonHairurawa

MaisonHairurawa

2021.07.02

こんばんは高雄です。

埼玉もようやく梅雨らしい天候になってきましたね。

雨が連日降りますが、先日お休みの日は凄く晴れていました。

実は前々から狙っていた国立新美術館のファッションインジャパンに 1945〜2020に行って参りました!

コロナ禍でどこにも行けないし行かない様にしていたのですが、細心の注意を払いつつ…

久々に六本木駅に降り立ちました。

歩いて5.6分…

久々に来ました!!

ヘアとファッションは連動してきますからねぇ…

美容師たるもの勉強せねばなりません!!

お客様の服装の傾向からヘアスタイルをご提案する事も多いのでワクワクしながら中に入ると…

安心の入場制限をしていて、30〜1時間と一区切りにしていたので人数が多過ぎる事もなく、見やすくて安心出来ました

戦後の日本から現代に至るまで、きちんと流れがあり、その理由や傾向までが改めて自分の中にスッと入ってくる感覚があってスッキリしたんですよね

特に僕が影響された90〜00代には、好きな物が詰まっていて、無意識のうちに影響されていた事が沢山あり、懐かしさとなんとなく自分の中にある感覚がここが原点なんだと、理解できた感じがしました。

美術館だけど博物館みたいな感覚もあり、ファッションが好きな方にはたまらないのでは?と感じました。

僕が生まれて来る前の歴史では…

戦後には服を作る時代があり、服飾専門学校に入るのが流行ったとか…

その後には作る時代から買う時代に入り…

アイビー族?とかみゆき族とか、ハマトラとか、ニュートラとか、たけのこ族と中々クレイジーな時代を39の僕よりも上の方々は生きてきたんだと思うとなんだか面白いと感じてしまいました。

たまーにVANとプリントされた服を着てるおじさまも見ますよね


今のサステナブルな世の中に繋がるまでの社会と流行の事がよく分かるので、ファッションが好きな方にはオススメです。

余談ですが美術館から出たらお土産コーナーがありました。

その中にガチャガチャがありまして、当時の流行語をあしらった言葉が書かれています。

どれどれ…

ガチャガチャ!ドン!

パカっ!

な、なんと!?

頑張ってカリスマ美容師になりたいと思いました笑

ではまたー

高雄

Instagram↓

please follow me

一緒に働いてMaisonを盛り上げませんか?