BLOG

117

美容室でこれからの見直したい事

MaisonHairurawa

MaisonHairurawa

2021.12.19

こんにちは高雄です。

週に一回のMaison blogスタートしましょう。

KAORIさんKOHARUさんのカット練習を見てて色々と感じる事を今日は書いていきたいと思います。

現在定休日の日にKOHARUさんがモデルさんを呼んできて、マンツーマンでトレーニングしてます。

KOHARUさんは定休日の日はシフト上は出勤にしていますので、休日出勤ではありませんのでご安心ください🙇‍♂️

今の若い子達は休みは休みで過ごしたい。とよく耳にしますが、僕らが同じ頃は休みの日に色々駆り出されていたり、営業後に時間をあてたりしていました。

さて

自分の為の練習だから休日や営業前後の時間を使いなさい

or

オンとオフをきちんと分ける

どっちが正しいのでしょうか?

僕は可能なら後者で上手くやってあげたいと思うんですよね。

勿論完全にオンとオフを分けるのは美容師は難しい所もあります。

撮影会は定休日に行いますし、新しい技術や商材のセミナーも営業後にお願いする事もありますからね。

例えばですが新人研修に丸1年をかけてから配属が決まる企業もある時代ですし、見て覚えたり感じて学べというのはとうの昔の話し。

正しく適切な時間を使う。という事をよく考えさせられます。

美容学校の就職ガイダンスに参加した時によく耳にしたのは

「不安なままお客様に担当するのは嫌」

という話し。

実際のところ美容師をスタートした時に1番最初に学ぶのがシャンプーです。

確かに同じシャンプーでも3年目のスタッフと1年目のスタッフだと3年目のスタッフの方が上手い事の方が多いです。

当たり前ですが経験値の差は当然ありますよね。

以前勤めた会社だと4月に入社して1ヶ月毎朝毎晩トレーニングをして5月には入客します。

本人が手答えや自信を感じれるのは、経験値でしかないと思うので技術職は回数を重ねないと覚えれない部分もあります。

そんな中合格!となった時に横一線でお客様に何年目だろうがシャンプーに入るのが美容業界。

それはブラックでもホワイトでもなく、それが当たり前なんです。

スタッフを育成していく上でKAORIさんとも幾度となく話しましたが

『今迄の常識に捉われない事』

自分達が良かった事は継承しながらも、疑問に思う事は変えていきたいと考えています。

なんとなく出来上がった美容業界の仕組みを見直していかないといけない。

まさに今はそんなタイミングなんだと思います。

話しは戻りますが、カットのトレーニングに携わっていて感じるのはシンプルに無駄を削ぎ落とす事です。

とにかくシンプルに無駄と感じる事は落としていく。

何が無駄かと言われますと色々とあるんですが、例えば美容専門学校の国家試験にもあるフィンガーウェーブ。

どんな技術かと言いますと…

(参照)https://jobcatalog.yahoo.co.jp/qa/list/14238202124/

これは僕が美容学生だった頃に国家試験だったもので、めちゃくちゃ苦労しました。

美容師さんだったら分かると思いますが、僕は最後パワーのみで合格しました笑

無駄と言うとマイナスなイメージになりますが、僕の中では今の時代に合っていないもの。というイメージが強いんですよね。

必要な時代になればやれば良いし、活躍の場がなければ今やる必要はないと思うんです。

カットのスタイルでも今どきこんなスタイルやる??

と思うようなトレーニングも過去ありましたし、その時はそれも基礎としていつか必要になるんだから。という考え方でした。

確かに全てを網羅しておけば何が来ても大丈夫な美容師になれるでしょうが、あくまでも技術的な話しですし、お客様が望んでいる事に注力すべきでは?と思います。

またトレーニングにかける時間の使い方や考え方も見直していかなければなりません

休日に、営業後に…

という考え方も変えていかないといけないタイミングなのかと思いますし、柔軟にかつ人間らしい生活が送れると美容師という職業ももっと楽しめるのではないでしょうか

どっぷりとブラックに浸かってきた世代だからこそ、リニューアルしていく立場だと思うので、そんな美容室作りに励んでいきたいと思うのです。

当時はブラックって思ってもなかったから、新しい世代の方々に気づかせて貰ってるんでしょうね…🤔

ちょっと長くなりましたが今日はそんな所で失礼します。

ではまたー

高雄

一緒に働いてMaisonを盛り上げませんか?

新卒採用について

中途採用について

recruit page

maison Instagram please follow me