BLOG

37

40歳以上美容師を続けていく為に本気で想う事

MaisonHairurawa

MaisonHairurawa

2017.09.19

こんにちは!

歯の神経が死んでいた高雄です。

火曜日は定休日ですが、毎週ほぼ朝一で歯医者さんに通っていまして今朝発覚しました笑

今日も朝から3件ほど打ち合わせ

スタッフも増えるので、新たな媒体や広告などの打ち合わせや税理士さんとの色々お話しを少々…

いやー

もっと頑張らないとなー

といつも思う。

人の髪を綺麗にする事しか基本的には頭になくて…

お金の管理や知識はまだまだこれから…

特にうちは40歳以上も働ける環境作りをテーマに上げています

■何故40歳以上が働けるのがテーマなのか?

その前に、何故そんなテーマかという前に
Maisonのコンセプトをちょっと語ります。

Maisonってお客様に向けてのメッセージもあるんだけど、これから働くスタッフに向けてでもあるんです。

Maisonのオートクチュールという意味もお客様には一人一人に合わせたデザインを。

スタッフにとっても一人一人のスタッフに向き合った働き方…

Maisonの【家】という意味もお客様にもですが、スタッフにとっても帰ってこれる場所になれる様な存在でありたい…

そんな想いを込めています。

何故そんな想いを込めているかと言いますと、僕は今まで美容師をしていて、30歳半ばで辞めてしまう方が圧倒時に多く、長く続けれないのか疑問でした。

実際自分が35歳になって感じるのは…

思ったより感覚は若いけど、疲れやすさは否めない

といった感じ。

マジで35超えたら体力を付けないと厳しいかもね。

会社から週に一度ジムに強制的に行ってもらいましょうか?笑


お代は会社から払うので強制的にでも体力作りもベースにしないと長く働いていけないかもしれませんね。

あとはやっぱり美容師ってのは

【歩合制】

だから

やったらやった分だけ

ご指名下さったらご指名下さった分だけ
給与がUPする仕組み。

やらなかったらやらなかった分だけ

ご指名が少なかったら少なかった分だけ
給与は上がらない仕組み。
なんですよね。

「雇用されているんだから保証されないとおかしくないか?」

という声もあるかもしれません。

ではこう考えてみましょう。

あなたが野球の監督なら、打てないバッターを来季契約しますか?

失礼かもしれない例えですけど、、

ボールがお客様

バッターが美容師

きちんと打てる方(丁寧な対応)、確率が高い方(対応力)、遠くに飛ばせる方(印象に残る)、様々な評価があると思います。

もちろん空振りしたり、見逃したり、色々失敗してきますよね。

真っ直ぐなボールもあれば、変化球、豪速球、落ちる球もあります。

コーチや監督は色々なチャンスやアイデアを授けます。

いよいよ4.5年経ち、チャンスを与える方も、一生懸命指導して育てる方も、プロの世界であれば解雇される方もいますよね…
■プロ野球選手やサッカー選手とある種同じ。

スポーツ選手は1年に一度契約更新か、解雇か別れます。

美容師は解雇はよっぽどの事が無ければありませんが、能力が無ければ当たり前にお客様からはご指名を受ける事はありません。

年齢も関係なく、若いスタッフでもベテランのスタッフより大幅に活躍することも全然あります。

若いスタッフに抜かれる

自分の能力の限界を感じる

そんな理由もあるのでしょうか?

でもその下克上は起きる事は普通にあります。
だって選ぶのはお客様。

一生懸命やってくれて、センスの良い方を選びますよね。

野球でも打率

サッカーでも得点

実力が上の人が選ばれる。

年齢は関係ない。

それがプロの世界ですよね?

だから中途半端な気持ちでやってはいけないかもしれませんね。

技術と接遇の部分がきちんとお客様を喜ばせる能力があるからこそ、お客様に必要される訳で…

その結果お客様と長いお付き合いが出来るのでは?

と思います。

またプロ野球選手の様な才能やセンスはもちろん美容師にも必要ですが、お客様に対しての技術やおもてなしはきちんと学んでいけば必ず身を結ぶと僕は思います。

やり方より、あり方ですよね。

どうあるべきか。そこがとても大切だと思います。

■だからプロなんだよね

なんでもプロという名前がつく職業は、簡単にマネが出来ない!と僕は思います。

カメラマン

ゴルファー

色々な職人の方

美容師だってそう

カットの値段は日本だと1.000円から10.000円以上と様々。

旅行でタイに行った時は300円でやってるところも。

NYやロンドンでは自分で値段や価値を提供していて、3万円や10万円なんて方もいらっしゃいます。

日本の事情と様々ですが、きちんと価値を見出していかないといけないのでは?と思います

長く美容師を続けていくには

【あなたしか出来ない】

【あなたにやってもらいたい】

という価値を打ち出していかないと、普通にやっているだけではいけないと強く思います。

色々ダラダラ書いてみましたが、やっぱり美容師最高!って胸を張れる様にしていきたい…

そう思います。

だからこそ色々と変えていかなければいけない事も沢山ある。

経営者として

いち美容師として

しっかりとビジョンを持ってやっていきたいですね。

明日も頑張りますよ^^

22日からは新たなスタッフも参加してくれます。

Maison第2章!

楽しみにしていて下さいね!

ではまたー

高雄

カラーに特化したカラー専門サイト【スロウジャーナル】
ライターをやっています
カラーにお悩みの方はこちらへどうぞ!


インスタグラム

Maison

住所 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-6-21
アクセス JR浦和駅北口徒歩6分,西口徒歩7分
TEL 048-789-7997
営業時間
平日 10:00~20:00(カット最終受付19:00)
金曜 10:00~21:00(カット最終受付20:00)
土日祝 9:00~19:00(カット最終受付18:00)
定休日 火曜日、第2、第4月曜日