BLOG

123

美容師がハサミを何本も持っている理由

MaisonHairurawa

MaisonHairurawa

2020.01.12

こんばんは、小原です。

今日は、美容師からすれば当たり前のことですがお客様からすれば

「へえ〜そうなんだ」

という話をしたいと思います。笑

美容師が使う道具について

です。

例えばハサミ(シザー)

美容師はシザーケースの中にハサミを何丁か入れてたりしますが、理由は

切りたいデザインやカットの用途によって変えるため

にいくつか種類を持っているわけです。

例えば包丁なんかでも

肉を切るもの、刺身を切るもの、パンを切るもの…など、切りたいものを効率よく切るために専用の包丁があります。

美容師のハサミによって、性能が違います。

どういうハサミがあるの?

例えばコレ

このハサミは真っ直ぐに切りたい時(ワンレンやボブ)などシャープなデザインにしたいときに使います。

1番オーソドックスなタイプです。

こちらの刃は笹刃といって少し刃に丸みがあえてあり、髪が乾いた状態で主に使います。

切った時に髪の毛が逃げながら切れるので、柔らかいデザインにしたい場合に使います。

これはすきバサミ(セニング)です。

改めて言わなくても知ってる人は多そうですね(笑)

髪の量を調節する(減らす)時に使います。使ったことある方もいらっしゃるかもしれませんね。

すきバサミによって、一回の開閉で減らせる量が違うので

「自分で調節する、子供の髪を切りたい」という方は注意が必要です。

他にもいくつか種類はあるかと思いますが、一般的に美容師が使用するハサミはこのように分けて使っています。

職人的な話になりましたが、担当スタイリストのハサミに注目してみるのも面白いかもしれませんね!

小原

 

 

Maison

住所 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-6-21
アクセス JR浦和駅北口徒歩6分,西口徒歩7分
TEL 048-789-7997
営業時間
平日 10:00~20:00(カット最終受付19:00)
金曜 10:00~21:00(カット最終受付20:00)
土日祝 9:00~19:00(カット最終受付18:00)
定休日 火曜日


一緒に働いてMaisonを盛り上げませんか?

(詳しくはこちらのリクルートページから!)