BLOG

90

ばっさりと切るときは髪を寄付してみては?

MaisonHairurawa

MaisonHairurawa

2021.02.17

こんにちは。

Maisonの西山です。

先日初めてご来店頂いたお客様。

SNSやお店のブログを見てくれたとのことで

『ショートにするならMaisonさんへお願いしようと思ってました』

と、嬉しいお言葉^ ^

髪を見ると綺麗なロングヘア

したことが無いから思い切ってバッサリショートにしようと決意されたそうで

潔い心構えが素敵なお客様です。

とても髪がきれいです^ ^

と、切る前に

『どうせ切るなら髪を寄付しようかと思ってます』

と、ヘアドネーションの申し出をしてくださいました。

ちなみに、、

ヘアドネーションとは小児ガンなどの病気により髪が抜けてしまった子供たちに人毛100%のヘアウィッグを無償提供する活動のことで

まだまだウィッグを作るにはたくさんの人毛を必要とするようで、全国的には特に31センチ以上の長い人毛は数が足りていないようです。

今回は約20センチほどカットさせていただきました^ ^

切った僕も気持ちが軽くなるほどのビフォーアフターでお客様もよろこんで頂けました。

お客様からのメッセージ↓

周りからすこぶる好評のようで安心しました。

バッサリチェンジは勇気がいりますからね。

切った髪はお客様にお渡ししてお客様自身でヘアドネーション団体に寄付して頂きます。

想いのこもった髪がまた人に渡って病気の子供たちの元へとバトンが繋がれる。

僕はカットした側ですがなんだか良いことをした気分。

良いことしたのはお客様なんですけどね^ ^

ぜひバッサリと切るときは参考にしてみてくださいね。

では。

西山


一緒に働いてMaisonを盛り上げませんか?
(詳しくはこちらのリクルートページから!)