BLOG

224

Maisonの経営者としての覚悟と想い

MaisonHairurawa

MaisonHairurawa

2020.03.30

こんばんは!高雄です。

今日はオーナーとしての記事を書かせて頂きたいと思います。

皆さんここ最近はいかがお過ごしでしょう?

日々様々なニュースが流れ、皆さんもご自宅で待機されて、行動も制限される毎日の中、パッと明るいニュースも無く、どんよりとした気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか…

僕自身もブレずに強い気持ちを持ちつつも、スタッフが一生懸命お客様に関わっているのを見る事で本当に救われる気持ちでいっぱいです

こんな中でもご来店下さるお客様たち

こんな中でも明るく一生懸命美容師を全うしてくれるスタッフたち

僕は自分の手の中で抱える範囲の中の人達は絶対に守らないといけない

どんな事があってもスタッフにお給料や生活は最優先で確保します

また、1日でも早く平和な日常が戻った時にお客様にご来店頂ける為にもMaisonを守ります

今朝、労働組合や銀行などに相談しました

昨年対比で10%の売上げのダウンがあれば融資を受けれるそうです

幸い会社の利益をしっかりと残して、健全な経営が今のところ出来ているので長期戦となっても戦える準備は出来ています

融資を受けて、かつゆとりが持てるようにこれから色々と準備も必要なタイミングです

でもそれ以上に僕はブレずに美容師という職業を通して、お客様に感動を与えて、スタッフが生涯お客様とお付き合いの出来る関係性を作る…

共感してくれ、また夢に向かって一緒に付いてきてくれるスタッフたち

そのスタッフの周りにいるたくさんのお客様たち

街がロックダウンされた時には、サロンも一時停止しなければいけない時期もあるかもしれません…

休業になった時は足並みはきちんと揃えて、大きく見た時には後に「これで良かった…」と思える日常に戻れるように政府に協力しなければいけない事も最優先に考えないといけません

僕がサロンを開業する時に担当して下さっていた税理士さんの言葉で、サロンが上手くいく人と、潰してしまう人の話しを今でもよく思い出します

会社にお金をきちんと残せる人

会社のお金を自分のお金として使う人

そこで経営者と個人事業主としての差が出ますよ…

会社の体力はお金です

維持していく事も、スタッフの給与も含め当時の税理士さんに言われた事が凄く繋がる気持ちです

改めて僕は何があってもスタッフ、お客様、お店を第一優先に経営者としてやるべき事を全うしていきます

これから先はまだまだ何があるかは分かりませんし、気軽にお客様たちに来て下さいという時期でもありません

でも僕らはやっぱり髪の毛を通してでしか何も出来ません

いつもの日常が来た時にはまたお客様たちとスタッフたちが笑って過ごせるように…

Maisonとして、経営者として、いち美容師としてしっかりと守っていきますので、よろしくお願いします。

高雄